トップ >> ビザから探す >> 永住ビザ申請 >> 永住ビザ申請の入管法

永住ビザ申請の入管法

永住ビザ申請の入管法(出入国管理及び難民認定法)をご紹介しているページです。
入管法には、永住ビザ申請に関する情報が規定されており、許可・不許可の根拠も規定されています。

永住ビザ申請の入管法

永住ビザ申請の出入国管理及び難民認定法!【全国対応】

  • 永住料金
  • 日本で10年以上滞在、仕事は5年以上
  • 就労制限なし
  • 相談無料・ご依頼後の追加料金も一切不要
  • 不許可の場合は全額返金
  • 業界トップクラスのご相談件数 ⇒ 年間件数

●ここだけは確認しておきたいポイント

  • 永住ビザ申請の審査ポイントや注意しなければいけない箇所を把握していますか?
  • 永住ビザ申請はあくまでも書類審査のため、理由書の作成・書類全体の整合性はとれていますか?
  • 交通違反や法律違反(アルバイト時代の資格外活動許可を含む)は大丈夫ですか?

●お手続きに係る所要期間

永住ビザ申請の出入国管理及び難民認定法

永住ビザ申請の根拠となる法律を知ろう!

(永住許可)
第二十二条  在留資格を変更しようとする外国人で永住者の在留資格への変更を希望するものは、法務省令で定める手続により、法務大臣に対し永住許可を申請しなければならない。
2  前項の申請があつた場合には、法務大臣は、その者が次の各号に適合し、かつ、その者の永住が日本国の利益に合すると認めたときに限り、これを許可することができる。ただし、その者が日本人、永住許可を受けている者又は特別永住者の配偶者又は子である場合においては、次の各号に適合することを要しない。
一  素行が善良であること。
二  独立の生計を営むに足りる資産又は技能を有すること。
3  法務大臣は、前項の許可をする場合には、入国審査官に、当該許可に係る外国人に対し在留カードを交付させるものとする。この場合において、その許可は、当該在留カードの交付のあつた時に、その効力を生ずる。

(在留資格の取得)
第二十二条の二  日本の国籍を離脱した者又は出生その他の事由により前章に規定する上陸の手続を経ることなく本邦に在留することとなる外国人は、第二条の二第一項の規定にかかわらず、それぞれ日本の国籍を離脱した日又は出生その他当該事由が生じた日から六十日を限り、引き続き在留資格を有することなく本邦に在留することができる。
2  前項に規定する外国人で同項の期間をこえて本邦に在留しようとするものは、日本の国籍を離脱した日又は出生その他当該事由が生じた日から三十日以内に、法務省令で定めるところにより、法務大臣に対し在留資格の取得を申請しなければならない。
3  第二十条第三項及び第四項の規定は、前項に規定する在留資格の取得の申請(永住者の在留資格の取得の申請を除く。)の手続に準用する。この場合において、第二十条第三項中「在留資格の変更」とあるのは、「在留資格の取得」と読み替えるものとする。
4  前条の規定は、第二項に規定する在留資格の取得の申請中永住者の在留資格の取得の申請の手続に準用する。この場合において、同条第一項中「変更しよう」とあるのは「取得しよう」と、「在留資格への変更」とあるのは「在留資格の取得」と読み替えるものとする。

出入国管理及び難民認定法施行規則

永住ビザ申請の根拠となる法律をもっと知ろう!

(永住許可)
第22条 (永住許可) 第二十二条 法第二十二条第一項 の規定により永住許可を申請しようとする外国人は、別記第三十四号様式による申請書一通、写真一葉並びに次の各号に掲げる書類及びその他参考となるべき資料各一通を提出しなければならない。ただし、法第二十二条第二項 ただし書に規定する者にあつては第一号 及び第二号 に掲げる書類を、法第六十一条の二第一項 の規定により難民の認定を受けている者にあつては第二号 に掲げる書類を提出することを要しない。
一  素行が善良であることを証する書類
二  独立の生計を営むに足りる資産又は技能があることを証する書類
三  本邦に居住する身元保証人の身元保証書
2  前項の場合において、前項の申請が十六歳に満たない者に係るものであるときは、写真の提出を要しない。ただし、地方入国管理局長が提出を要するとした場合は、この限りでない。
3  第二十条第四項の規定は、第一項の申請について準用する。

(永住者の在留資格の取得)
第二十五条  法第二十二条の二第二項 (法第二十二条の三 において準用する場合を含む。)の規定により在留資格の取得を申請しようとする外国人のうち同条第四項 に規定する永住者の在留資格の取得の申請をしようとするものは、別記第三十四号様式による申請書一通、写真一葉、第二十二条第一項及び前条第二項に掲げる書類並びにその他参考となるべき資料各一通を提出しなければならない。この場合においては、第二十二条第一項ただし書の規定を準用する。
2 前項の場合において、前項の申請が十六歳に満たない者に係るものであるときは、写真の提出を要しない。ただし、地方入国管理局長が提出を要するとした場合は、この限りでない。
3 前条第四項の規定は、第一項の申請について準用する。

料金表

永住ビザ申請の条件・要件など難しいことはお任せ下さい!【不許可の場合は全額返金&追加料金は一切不要】

【永住ビザ申請:1人の場合】
永住費用

【永住ビザ申請:ご夫婦の場合】
永住費用+ 永住配偶者費用1

【永住ビザ申請:ご家族3名の場合(子供が15歳以下の場合は赤色の料金)】
永住費用+ 永住配偶者費用1+ 永住配偶者費用1
永住費用+ 永住配偶者費用1+ 永住配偶者費用3

【永住ビザ申請:ご家族4名の場合(子供が15歳以下の場合は赤色の料金)】
永住費用+ 永住配偶者費用1+ 永住配偶者費用1+ 永住配偶者費用1
永住費用+ 永住配偶者費用1+ 永住配偶者費用3+ 永住配偶者費用3

※ 上記料金は最低価格の表示であり、お客様の状況により変動します
※ ご依頼時には、お見積書とご請求書をご提示しますのでご安心ください
※ 私たちが「ご用意いただく書類のご案内」「全ての書類精査」「全ての書類作成」「適切なアドバイス」を完全代行します
※ お客様がすることは「私たちからの質問の回答」「書類のご用意」のみです
※ 一部の地域の方は、ご本人に入国管理局へ申請書の提出を行っていただきます

先生からのメッセージ

永住ビザ申請の確かなサポートをお約束します!

永住ビザ申請は、多くの方が人生で1度だけ経験するビザ申請です。
私たち行政書士は、その大切な永住ビザ申請の書類代行をさせていただいており、責任の重さとやり甲斐を同時に感じながら仕事をさせていただいております。私たちは、永住ビザ申請の数多い実績と経験があり、お客様をサポートする体制が出来上がっているという強みがあります。許可になる可能性を上げるために皆で知恵を絞り、何度も何度も書類の訂正を行い、最高の申請書類をお客様へお届けしております。お客様の大切な永住ビザ申請を私たちに任せて頂いた際は、全身全霊でサポートさせていただくことをお約束します。ありがとうございます。


永住ビザ申請
短期滞在ビザ申請
日本人の配偶者等ビザ申請
研修ビザ申請
特定活動ビザ申請
▲ 永住ビザ申請の入管法のページトップへ