トップ >> ビザから探す >> 教授ビザ申請

教授ビザ申請

教授ビザ申請の書類代行を国家資格者である私たち行政書士が自信を持ってサポートします。
大学等で教授・助教授・准教授・講師・助手として働くために必要なビザ申請!
※ 教授ビザ・講師ビザ・大学教師ビザなどと呼ばれているビザです。

教授ビザ申請

大学等で教授・助教授・准教授・講師・助手として働く方は!!【全国対応】

  • ¥95,000~(税別)
  • 大学等で教授・助教授・准教授・講師・助手
  • 大学等で研究・指導・教育を行う活動
  • 相談無料・ご依頼後の追加料金も一切不要
  • 不許可の場合は全額返金
  • 業界トップクラスのご相談件数 ⇒ 年間6,000件

●ここだけは確認しておきたいポイント

  • 働く場所は、大学若しくは大学に準ずる機関でしょうか?
  • 報酬を受けない場合は文化活動ビザに該当する可能性もありますが、報酬は受けますか?
  • 日本の受け入れ機関(大学等)以外で授業を行うことはありますか?

●教授ビザ申請の関連ページ

●お手続きに係る所要期間(認定の場合) ※ビザ変更・ビザ更新は申請から2週間で結果がでる可能性もあります

料金表

教授ビザ申請に必要な書類は、全て私たちが作成します!【不許可の場合は全額返金&追加料金は一切不要】

【教授ビザ申請:1人の認定証明書交付申請の場合】
100,000円

【教授ビザ申請:2人同時に認定証明書交付申請の場合】
100,000円+ 2人目半額150,000円

【教授ビザ申請:1人のビザ変更申請の場合】
95,000円

【教授ビザ申請:2人同時にビザ変更申請の場合】
95,000円+ 2人目半額142,500円

【教授ビザ申請:1人のビザ更新申請の場合】
50,000円

【教授ビザ申請:2人同時にビザ更新申請の場合】
50,000円+ 2人目半額75,000円

※ 税別表示となっています
※ 上記料金は最低価格の表示であり、お客様の状況により変動します
※ ご依頼時には、お見積書とご請求書をご提示しますのでご安心ください

教授ビザ申請の注意事項ランキング&人口推移

教授ビザの書類作成・許可取得の審査ポイントなどビザ専門の行政書士がサポート!

【教授ビザ申請の注意事項ランキング】

1位 大学等で研究・指導・教育を行う
2位 報酬を受けること
3位 受け入れ機関以外は資格外活動許可
4位 要件該当の立証書類の提出
5位 納税・法律違反・交通違反

※ビザ申請PROの独自ランキング

【教授ビザの日本滞在者数】

平成20年 8,333人
平成21年 8,295人
平成22年 8,050人
平成23年 7,859人
平成24年 7,787人

先生からのメッセージ

教授ビザ申請の確かなサポートをお約束します!

教授ビザ申請は、本邦の大学若しくはこれに準ずる機関又は高等専門学校において研究、研究の指導又は教育をする活動を行う場合に必要となるビザ申請です。具体的な対象者は、大学等で教授・助教授・准教授・講師・助手が該当してきます。私たちは教授ビザ申請の数多い実績と経験があり、書類作成代行はもちろんお客様をサポートする体制が出来上がっているという強みがあります。許可になる可能性を上げるために皆で知恵を絞り、最高の申請書類をお客様へお届けしております。お客様の大切な教授ビザ申請を私たちに任せて頂いた際は、全身全霊でサポートさせていただくことをお約束します。ありがとうございます。


永住ビザ申請
短期滞在ビザ申請
日本人の配偶者等ビザ申請
医療ビザ申請
研究ビザ申請
  • 研究ビザ申請
  • 研究者ビザ・研究ビザ
  • 日本で研究者として働くビザ
▲ 教授ビザ申請のページトップへ