- Marriage visa necessary documents -

配偶者ビザ申請の必要書類について!東京 大阪のビザ申請プロ

配偶者ビザの必要書類
- Contents -

目次

- The necessary documents -

配偶者ビザの必要書類(認定申請)

配偶者ビザ申請をする上で絶対に必要となる書類を下記に一覧でまとめております。
申請する外国人の状況やご夫婦の状況に応じて、別途書類を準備することも重要なことです。

■ 申請人が日本人の配偶者の場合
在留資格認定証明書交付申請書
写真(縦4cm×横3cm)
配偶者(日本人)の方の戸籍謄本(全部事項証明書)
申請人の国籍国(外国)の機関から発行された結婚証明書
申請人の国籍国(外国)の機関から発行された結婚証明書の日本語訳文
直近1年分の住民税の課税(又は非課税)証明書
納税証明書(1年間の総所得及び納税状況が記載されたもの)
預貯金通帳の写し 適宜
雇用予定証明書又は採用内定通知書(日本の会社発行のもの) 適宜
配偶者(日本人)の身元保証書
配偶者(日本人)の世帯全員の記載のある住民票の写し
質問書
スナップ写真 3葉ほど
返信用封筒(404円分の切手(簡易書留用)を貼付したもの)

■ 申請人が日本人の実子・特別養子の場合
在留資格認定証明書交付申請書
写真(縦4cm×横3cm)
申請人の親の戸籍謄本又は除籍謄本(全部事項証明書)
出生届受理証明書(日本で出生した場合)
認知届受理証明書(日本で出生した場合)
出生国の機関から発行された出生証明書(海外で出生した場合)
出生国の機関から発行された申請人の認知に係る証明書(海外で出生した場合)
特別養子縁組届出受理証明書(特別養子の場合)
日本の家庭裁判所発行の養子縁組に係る審判書謄本及び確定証明書(特別養子の場合)
申請人の国籍国(外国)の機関から発行された書類の日本語訳文
直近1年分の住民税の課税(又は非課税)証明書
納税証明書(1年間の総所得及び納税状況が記載されたもの)
預貯金通帳の写し 適宜
雇用予定証明書又は採用内定通知書(日本の会社発行のもの) 適宜
身元保証書
返信用封筒(404円分の切手(簡易書留用)を貼付したもの)

- The necessary documents -

配偶者ビザの必要書類(変更申請)

配偶者ビザに変更申請をする上で絶対に必要となる書類を下記に一覧でまとめております。
申請する外国人の状況やご夫婦の状況に応じて、別途書類を準備することも重要なことです。

■ 申請人が日本人の配偶者の場合
在留資格変更許可申請書
写真(縦4cm×横3cm)
配偶者(日本人)の方の戸籍謄本(全部事項証明書)
申請人の国籍国(外国)の機関から発行された結婚証明書
申請人の国籍国(外国)の機関から発行された結婚証明書の日本語訳文
直近1年分の住民税の課税(又は非課税)証明書
納税証明書(1年間の総所得及び納税状況が記載されたもの)
預貯金通帳の写し 適宜
雇用予定証明書又は採用内定通知書(日本の会社発行のもの) 適宜
配偶者(日本人)の身元保証書
配偶者(日本人)の世帯全員の記載のある住民票の写し
質問書
スナップ写真 3葉ほど
パスポート 提示
在留カード 提示

■ 申請人が日本人の実子・特別養子の場合
在留資格変更許可申請書
写真(縦4cm×横3cm)
申請人の親の戸籍謄本又は除籍謄本(全部事項証明書)
出生届受理証明書(日本で出生した場合)
認知届受理証明書(日本で出生した場合)
出生国の機関から発行された出生証明書(海外で出生した場合)
出生国の機関から発行された申請人の認知に係る証明書(海外で出生した場合)
特別養子縁組届出受理証明書(特別養子の場合)
日本の家庭裁判所発行の養子縁組に係る審判書謄本及び確定証明書(特別養子の場合)
申請人の国籍国(外国)の機関から発行された書類の日本語訳文
質問書(在留資格取得許可申請の場合)
直近1年分の住民税の課税(又は非課税)証明書
納税証明書(1年間の総所得及び納税状況が記載されたもの)
預貯金通帳の写し 適宜
雇用予定証明書又は採用内定通知書(日本の会社発行のもの) 適宜
日本人の方(申請人の親または養親)の住民票(世帯全員の記載があるもの)
身元保証書
パスポート 提示
在留カード 提示

- The necessary documents -

配偶者ビザの必要書類(更新申請)

配偶者ビザの更新申請をする上で絶対に必要となる書類を下記に一覧でまとめております。
申請する外国人の状況やご夫婦の状況に応じて、別途書類を準備することも重要なことです。

■ 申請人が日本人の配偶者の場合
在留期間更新許可申請書
写真(縦4cm×横3cm)
配偶者(日本人)の方の戸籍謄本(全部事項証明書)
直近1年分の住民税の課税(又は非課税)証明書
納税証明書(1年間の総所得及び納税状況が記載されたもの)
預貯金通帳の写し 適宜
雇用予定証明書又は採用内定通知書(日本の会社発行のもの) 適宜
配偶者(日本人)の身元保証書
配偶者(日本人)の世帯全員の記載のある住民票の写し
パスポート 提示
在留カード 提示

■ 申請人が日本人の実子・特別養子の場合
在留期間更新許可申請書
写真(縦4cm×横3cm)
直近1年分の住民税の課税(又は非課税)証明書
納税証明書(1年間の総所得及び納税状況が記載されたもの)
預貯金通帳の写し 適宜
雇用予定証明書又は採用内定通知書(日本の会社発行のもの) 適宜
日本人の方(申請人の親または養親)の住民票(世帯全員の記載があるもの)
身元保証書
パスポート 提示
在留カード 提示

- Additional documents -

資料提出通知書が届いた場合

配偶者ビザを出入国在留管理局(入管)に申請して、審査中に入管から「資料提出通知書」が郵送で送られてくることがあります。これは「追加の書類を提出してください」ということであり、資料提出通知書に記載されている内容をしっかり確認し、入管から求められているものを記載ある提出期限までに必要な書類を提出しなければなりません。追加書類の提出は郵送で入管に送っても大丈夫です。
上記でご案内している書類は、あくまでも最低限であり入管から追加書類を求められることは普通にあります。そのため、資料提出通知書が届いたから不許可になるんじゃないか?と不安になる必要はありません。

- Our advice -

配偶者ビザの専門家アドバイス

私たちからの配偶者ビザ申請の必要書類についての大事なアドバイスは2つあります。

一つ目は、最低限の書類を用意するだけでなく、ご夫婦オリジナルの申請書類一式にする努力。
上記でご案内した必要書類は絶対に必要なものであり、言い換えれば最低限の書類です。ご夫婦や申請人の状況は人それぞれ異なりますので、やはりその状況に適した書類を取得したり作成したりする必要があります。例えば、そもそも最低限の書類ですら事情によって用意できないというご夫婦もいらっしゃいます。その場合はその事情を説明する文章を別途作成した方がいいです。場合によっては、理由書・補足説明書や反省文・嘆願書・誓約書などオリジナルで作成することもあります。

二つ目は、取得した書類・作成した書類の内容に問題や間違いはないかの確認。
取得した書類の内容は審査に適した内容になっているか?書類の有効期限は3ヶ月以内だが大丈夫か?作成した書類の内容は間違いないか?誤字脱字はないか?伝えたいことや伝えるべきことは文章できちんと書くことができているか?など慎重に確認するべきです。配偶者ビザ申請は書面審査であり、口頭で説明する機会はほぼありません。不許可になる理由の1つに、「伝えたいことや伝えるべきことが書面で審査官にきちんと伝わっていないため不許可になった」というものも多々散見されます。

- Understand in the table -

配偶者ビザ申請の必要書類を表で理解する

配偶者ビザ申請の必要書類について調べたけど文章で理解するのが大変だというお声に応えるため、配偶者ビザ申請の必要書類の概要を表でまとめてみました。
私たち専門家(行政書士)にご依頼いただければ、配偶者ビザ申請のご説明もさせていただきます。

必要書類の基本情報 目安
必要書類 絶対書類とオリジナル書類
申請の種類① 認定証明書交付申請
申請の種類② 変更許可申請
申請の種類③ 更新許可申請
審査の仕方 書面審査
重要書類① 質問書
重要書類② 日本の戸籍謄本
重要書類③ 本国の結婚証明書
重要書類④ 安定収入の証明
重要書類⑤ 法律違反の有無
重要書類⑥ 納税関連書類
ポイント 偽装結婚でない
ポイント 嘘をつかない
資料提出通知書 郵送で届く
- Question and Answer -

Q&A

Q:日本の結婚証明書はありますが、配偶者の国の結婚証明書はありませんが大丈夫ですか?
A:結婚証明書は、日本と配偶者の本国の両国のものが必要となります。正当な理由があれば日本の結婚証明書(戸籍謄本)だけでも審査をしてもらえることもありますが、基本的には両国のものがなければ不許可になるとお考えください。

Q:質問書の作成に困っています。分からない箇所はどうしたらいいですか?
A:これはよくあるご質問です。どうしても分からない箇所は「補足説明書」などで分からない理由を説明しましょう。ただし、しっかりやれば分かることならしっかりやってください。手を抜いて不許可になったら次回の申請にも影響を及ぼします。

Q:外国語の書類は日本語翻訳が必要ですか?
A:外国語の書類は全て日本語翻訳が必要です。

Q:結婚を第三国でしたので第三国の結婚証明書で大丈夫ですか?
A:第三国の結婚証明書ではダメです。配偶者の国が発行した結婚証明書が必要です。

Q:出入国在留管理庁が求めている書類だけで大丈夫ですか?
A:もちろんそれだけでも審査はしてくれます。問題なければ許可が出ますが、しっかり説明していないことが原因で不許可になることもありますのでご注意ください。ご夫婦の状況に応じて書類を取得・作成することが重要です。