- Marriage visa non-permission -

配偶者ビザ申請の不許可情報!東京 大阪のビザ申請プロ

配偶者ビザ申請の不許可情報
- Contents -

目次

- 5 Causes of non-permission -

不許可になる原因を大きく5つにまとめると

① 偽装結婚を疑われた。
ご夫婦の出会ってからの期間・年齢差・言葉の壁・悪徳な紹介者・会った回数・出会い方・連絡頻度・配偶者なら知ってて当然なことを知らないなどから、出入国在留管理局の審査官は偽装結婚を疑ってくるでしょう。

② 法律違反がある。
国内外の重大な法律違反・国内外の軽度の法律違反・納税等の公的義務の滞納や遅延・不法就労・不法滞在・ルール違反などが配偶者ビザ申請の不許可に繋がることもあります。

③ 嘘や隠し事がある。
嘘や隠し事は当然ダメですが、記憶が忘れていた・言う必要ないと思った・適当に書類作成した・知らなかった・言っていることが異なるなどが不許可の原因になることもあります。

④ 日本での生活が不安定である。
自分で生活が安定していると思っていても、収入・貯金・仕事・労働形態・別居・資金援助・転職・離婚歴などの情報を客観的にみて不許可の原因にもなり得ます。

⑤ 書面での立証が不十分である。
ビザ申請のプロでもなければ何が不十分なのか一般的に分からないと思いますが、出入国在留管理局が案内している必要書類は最低限だとお考えください。

おまけ:配偶者ビザ申請は出入国在留管理局の裁量で許可にも不許可にもなるという現実があります。

- What should I do -

不許可になった場合はどうしたらいいか

配偶者ビザの書類を提出した出入国在留管理局に行って、審査官から不許可理由を聞いてください。その際、審査官の名前・不許可理由をメモしましょう。そして、再申請ができる時期の相談もしてください。できるだけ詳細に不許可理由の説明を受けることを心がけて、分からないときや納得できないときは質問の仕方を変えて質問するようにしてください。

しかし、残念ながら不許可理由の全てを教えてくれるかどうか分かりません。
実際にあった一例を挙げると、「日本人女性(妻)の知らない所で外国人男性(夫)が違う女性との間に子供を作りその女性に結婚をほのめかしていた」というケースですが、日本人女性(妻)はそのことを知らないので、出入国在留管理局の審査官は、全ての事実を言わず「外国人男性(夫)に隠し事があります」とだけ説明しました。

- Reapplying is difficult -

不許可後の再申請は難しい

配偶者ビザ申請が不許可になった後の再申請で重要なことは、①不許可理由が分かっていること、②前回の申請書類一式のコピーが残っていることです。
不許可理由がすぐに解消できる内容ならすぐに再申請してもいいでしょう。再申請の適切な時期は不許可理由によって異なりますが、問題を解消できるまで待って再申請するという考えて方で大丈夫です。
不許可理由でやっかいなのは、嘘や隠し事が原因の場合です。再申請の時期の判断が難しい上に、嘘や隠し事の内容によっては長期間来日できないケースもあります。補足説明書や反省文など多くの書類が必要になるので再申請の難易度がとても高くなります。なお、不許可理由によっては、不許可理由が解消できても一定期間空けてから再申請した方がいい場合もあります。

ただし、大半は再申請でも許可を取れる可能性は十分にあります。多くの不許可理由はお客様の知識不足が原因だからです。審査官に伝えるべきポイントをきちんと伝えていなかったり、雑な内容で申請しているケースが多いと感じています。
不許可になってから慌てるより、最初から私たちにご依頼いただく方が無駄な時間も手間も費用も節約できると自信を持って言えます。

- About true marriage -

真実の結婚について

そもそも真実の結婚って何?と思うでしょうが、国際結婚には問題がたくさんあるのが現状です。日本人が外国人配偶者を騙して結婚するケースや無理やり結婚するケース、反対もしかりで、外国人配偶者が日本人を騙して結婚するケースや無理やり結婚するケース、悪質な仲介ブローカーや悪質な結婚相談所が絡んでいるケースなど問題がたくさんあります。出入国在留管理局の審査官も警察もこれらの点を注意深く調査していると思われます。

ご夫婦の出会い方からプロポーズに問題なく、そして結婚して一緒に日本で暮らすというものが真実の結婚と捉えてください。

- About Honest Not violate the law Lead a stable life -

法違反のない正直者のご夫婦が日本で安定した暮らしを送れるについて

重度の交通違反や刑事罰などの法違反が国内外でないこと、嘘や隠し事をせず全て正直であること、ご夫婦が別居などせず日本で一緒に暮らすこと、仕事や収入(預貯金など)や納税などに問題なく安定して暮らしていけることが重要なポイントです。

収入に関しては、親族の協力(資金援助や収入ある親の実家で同居など)があればプラス材料になるので、ご夫婦だけでは不安になる箇所があれば周りの協力を得て配偶者ビザ申請を行うことも有効です。
また、仕事の都合で一時的に別居しなければならない状況にあるご夫婦は、その説明や今後の夫婦生活、連絡手段や頻度などを書いた補足説明書を作成することをおススメします。

- About proof in writing -

書面で立証について

配偶者ビザ申請は書面のみで審査されるので、口頭で実はこうなんですとか、その文章の意味はこういう意味で書きました、などの機会はありません。
例えば、初めて出会ったのが5年前ならその時の写真やSNSの履歴があれば書面で立証できています。結婚式をしたならその時の写真はあるでしょうからないのはすごく不自然に思われます。ご夫婦の結婚を家族が知らない場合もなぜ知らないの?と疑問に思われます。親が仕送りをしてくれるなら、親がその内容を書いた書類があれば書面で立証できています。場合によっては、反省文や誓約書、説明書や別途事実書類など様々な書類を用意して配偶者ビザ申請に挑みましょう。

上記の通り、お客様によって状況が異なるため書面で立証するものは多岐に渡ります。これは配偶者ビザ申請の経験がたくさんないと判断できないものになります。

- Our advice -

配偶者ビザの専門家アドバイス

私たちから、配偶者ビザの不許可についての大事なアドバイスは1つあります。

最初から専門家に頼りましょう。
不許可になっても最初から専門家に頼っていれば、その後の再申請がスムーズにいきます。また、ほとんどのお客様は人生で初めての配偶者ビザ申請なので、知識と経験が圧倒的に専門家とは異なる点が大きいです。

- Understand in the table -

配偶者ビザ申請の不許可情報を表で理解する

配偶者ビザ申請の不許可情報について調べたけど文章で理解するのが大変だというお声に応えるため、配偶者ビザ申請の不許可情報の概要を表でまとめてみました。
私たち専門家(行政書士)にご依頼いただければ、配偶者ビザ申請のご説明もさせていただきます。

配偶者ビザの不許可情報 目安
不許可原因① 偽装結婚の疑い
不許可原因② 法律違反
不許可原因③ 嘘や隠し事がある
不許可原因④ 日本での生活が不安定
不許可原因⑤ 書面での立証が不十分
特徴 入管の裁量
申請前に 申請書類一式のコピー重要
不許可になったら 入管に行って理由を聞く
再申請 難易度が上がる
アドバイス 最初から専門家に依頼
- Question and Answer -

Q&A

Q:自分で配偶者ビザを申請したが不許可になっていまった。不許可の理由はどうしたら分かりますか?
A:不許可になると通知書がご自宅に郵送で届きますが、通知書の内容だけでは不許可の詳細な理由がわかりません。そのため、ご自身で配偶者ビザを申請した出入国在留管理局に行って直接理由を聞いてください。

Q:不許可の理由を出入国在留管理局に聞きに行ったが分からなかった場合は?
A:外国人の配偶者に何か隠し事や嘘がないか確認してください。仲介業者や紹介者がいる場合はその方にも確認してください。

Q:配偶者ビザの認定証明書交付申請をして不交付になることはありますか?
A:不交付になることはあります。ご夫婦のどちらかに問題があるのか、ご夫婦ともに問題があるのか、提出した書類に問題があるのか、何かしら不交付になるには理由があります。

Q:不許可後の再申請はいつできますか?
A:不許可理由によって異なります。不許可理由が解消できたタイミングで再申請しましょう。

Q:不許可になる理由や原因は?
A:いちばん多いのは、お客様の知識不足によるところです。配偶者ビザ申請の不許可原因は様々あるので上記の内容をご確認ください。