- Marriage visa for Foreigner -

国際結婚ってどうすればいいの?東京 大阪のビザ申請プロ

国際結婚ってどうすればいいの?
- Contents -

目次

- What should I do? -

国際結婚って何をどうすればいいの?

国際結婚する気持ちが100%の方は、
海外と日本の両国で結婚して、配偶者ビザ申請を行う。

国際結婚する気持ちが100%ではない方は、
短期滞在ビザで外国人を日本に招待して一緒に過ごす時間や思い出を作ったり、家族や友人に紹介して結婚に向けて交際を深める。(日本滞在は最長90日間)

外国人を短期滞在ビザで日本に招待して、日本滞在中に結婚して、さらに配偶者ビザ申請も全部まとめてしたい方は、
短期滞在ビザ申請+両国の婚姻手続き+配偶者ビザ申請を行いますが、これは短期滞在ビザを90日で取得すること、外国人が日本滞在中に両国で結婚すること、外国人が日本滞在中に配偶者ビザ申請を行うことが絶対条件であり、特別な事由と入管に判断してもらえれば変更許可申請ができます。※ 通常は認定証明書交付申請です。

変更許可申請は、短期滞在ビザの90日が過ぎても結果が出るまで日本に滞在することができます。
認定証明書交付申請は、短期滞在ビザの90日までに海外に帰国しなければなりません。(帰国後に結果が出て、再度外国人が来日する流れになる)
ご夫婦にとっては、変更許可申請の方が嬉しいと思いますが、これはあくまで特例措置なので絶対認められるものではありません。

- Preparation for marriage visa application -

配偶者ビザ申請の準備について

① 配偶者ビザ申請に必要となる書類一覧を把握する、② 必要書類を全て集める、③ 書類作成をする、④ 出入国在留管理局に申請する、という順番で準備します。

最後の④は簡単ですが、①②③が難しいです。
外国人配偶者が日本にいるか日本にいないか、短期滞在ビザで日本にいるのか、中長期ビザで日本にいるのか、興行ビザでの来日経験の有無、ご夫婦の出会い方や婚姻離婚歴、年齢差、ご夫婦の語学力、仕事や収入や貯金、法違反、今後の日本での暮らし方などによって①②③が異なります。

- Have Children -

外国人配偶者に子供がいる場合(連れ子)

今から配偶者ビザ申請をするご夫婦の子供ではなく、外国人配偶者に子供(連れ子)がいる場合、日本でその子供も一緒に暮らしたいということも多々あります。子供の年齢やその他の条件がクリアできれば「定住者ビザ」に該当するので日本で一緒に暮らすことも可能です。

外国人配偶者に連れ子がいる場合は、連れ子を外国人配偶者の家族に預けて外国人配偶者だけ日本に来るか、連れ子も一緒に日本に来るか決めてから配偶者ビザ申請の準備に入りましょう。私の個人的な経験から言うと、まず外国人配偶者だけが来日し、数年日本で暮らしてから連れ子を日本に呼んで一緒に暮らすというご夫婦が多いです。

- The necessary documents -

必要な書類について

配偶者ビザ申請に必要な書類は、①ご夫婦が用意する書類、②役所で用意する書類、③会社で用意する書類、④身元保証人が用意する書類になります。
ただし、書類を用意しただけでは、なかなか許可にならないのが現状です。ご夫婦の状況に合わせて用意する書類や作成する書類が異なるケースも多々ありますので、ご自身で申請するのか専門家に依頼するのか十分検討したうえで判断しましょう。

- Our advice -

配偶者ビザの専門家アドバイス

私たちから、配偶者ビザについての大事なアドバイスは2つあります。

一つ目は、偽装結婚ではないことを書面で説明することです。
外国人女性と日本人男性の結婚の場合、歳の差がある場合や紹介者がいる場合、過去に日本で興行ビザ(タレント)で働いていた経歴がある場合などはしっかりと説明する書類を用意した方がいいです。外国人女性が日本で仕事をするのが目的ではなく、夫婦が一緒に日本で暮らすことが目的だと書面で伝わるようにしましょう。

二つ目は、夫婦が日本で安定して暮らしていける旨を書面で説明することです。
外国人と日本人の結婚の場合、日本人が主たる生計維持者のケースが多いですが、もちろん外国人も日本で仕事をしていいです。外国にいる家族に仕送りをしたい、家計の助けに仕事をしたいなど理由は様々ですが、別居ではなく夫婦一緒に日本で安定した幸せな家庭を築いていけるということを書面で伝わるようにしましょう。

- Understand in the table -

配偶者ビザの概要を表で理解する

配偶者ビザ申請について調べたけど文章で理解するのが大変だというお声に応えるため、配偶者ビザの概要を表でまとめてみました。
私たち専門家(行政書士)にご依頼いただければ、配偶者ビザ申請のご説明もさせていただきます。

配偶者ビザの基本情報 目安
申請書類 30枚~50枚ほど
申請先 住所管轄の出入国在留管理局
審査期間 2週間~3ヶ月間
就労制限 自由に働ける
種類 認定、変更、更新
在留資格 日本人の配偶者等
在留期間 5年、3年、1年、6月
重要書類 夫婦両国の結婚証明書
不許可要因① 偽装結婚の疑い
不許可要因② 安定した暮らしの疑い
不許可要因③ 事実と異なる内容
注意 歳の差結婚
注意 紹介者がいる
注意 興行ビザ
トータル所要期間 約6ヶ月
- Question and Answer -

Q&A

Q:外国人の妻の配偶者ビザ申請に理由書は作成した方がいいですか?
A:配偶者ビザ申請は、理由書を作成した方がいいです。外国人だからではなく、結婚に至った経緯や日本でどのように生活していくかなど出入国在留管理局の審査官に伝えるために作成することをオススメします。

Q:配偶者ビザの更新をする際、外国人の妻と別居していても大丈夫ですか?
A:これは審査が厳しくなることを覚悟しなければなりません。別居している理由や夫婦生活が破綻していないかなど様々な角度から審査されるでしょう。

Q:これから婚姻手続きをしますが、外国側の手続きをどう進めたらいいですか?
A:外国人の配偶者が日本にいるか、外国にいるか、先に日本で結婚するか、先に外国で結婚するかによって異なります。

Q:配偶者である外国人の子供を日本に呼んで一緒に暮らすことはできますか?
A:子供の条件さえクリアできれば「定住者ビザ」で来日して日本で一緒に暮らすことが出来ます。

Q:外国人の彼女を短期滞在ビザで日本に呼んで、そのまま配偶者ビザ申請はできますか?
A:コロナなどの特殊な場合は除き、短期滞在ビザで日本呼んで日本で婚姻手続きを行い、特例で配偶者ビザ申請ということも可能です。

Q:外国人の妻が日本で興行ビザ(タレント)で仕事をしていた経歴は心配ないですか?
A:日本で働くのが目的ではないかという角度で審査される可能性は充分にあります。働くことが本当の目的で結婚が手段では当然ダメですが、そうではないご夫婦もたくさんいるので堂々と申請してください。