- About documents -

短期滞在ビザ申請の必要書類なら!東京 大阪のビザ申請プロ

短期滞在ビザの必要書類
- Contents -

目次

- The necessary documents -

必要な書類について(知人訪問・観光)

友人や知人、恋人や婚約者などを日本に呼ぶ場合の必要書類一覧です。

①招へい人が用意する書類
招へい理由書
招へい経緯書
招へい理由に関する資料(知人関係説明書、戸籍謄本等)
滞在予定表
申請人名簿(2名以上の申請人が同時にビザ申請を行う場合のみ)
写真、SNS、Mail、送金履歴など
住民票
在職証明書
在留カード(外国人の場合のみ)
補足説明書(随時)
参考資料(随時)

②身元保証人が用意する書類
身元保証書
住民票
在職証明書
支弁能力の証明書(下記のどれか)
・課税証明書(総所得の記載-市区町村役場発行)
・納税証明書(様式その2-税務署発行)
・確定申告書控の写し(税務署受理印)
・預金残高証明書
補足説明書(随時)
招へい人との関係証明(随時)

③申請人が用意する書類
パスポート
ビザ申請書
写真
出生証明書
婚姻証明書(既婚者のみ)
知人関係証明資料
収入証明(随時)
残高証明(随時)
往復航空便の予約表(国で異なる)

- The necessary documents -

必要な書類について(親族訪問)

配偶者や親など、血族、姻族(3親等内)を日本に呼ぶことができます。

①招へい人が用意する書類
招へい理由書
招へい経緯書
招へい理由に関する資料(診断書、母子手帳写しなど)
戸籍謄本(招へい人又は配偶者が日本人の場合)
滞在予定表
申請人名簿(2名以上の申請人が同時にビザ申請を行う場合のみ)
住民票
在職証明書
在留カード(外国人の場合のみ)
補足説明書(随時)
参考資料(随時)

②身元保証人が用意する書類
身元保証書
住民票
在職証明書
支弁能力の証明書(下記のどれか)
・課税証明書(総所得の記載-市区町村役場発行)
・納税証明書(様式その2-税務署発行)
・確定申告書控の写し(税務署受理印)
・預金残高証明書
補足説明書(随時)
招へい人との関係証明

③申請人が用意する書類
パスポート
ビザ申請書
写真
出生証明書(申請者と日本の親族との関係が三親等以内であることを証明することができる関係者の出生証明書も含む)
婚姻証明書(既婚者のみ)
収入証明(随時)
残高証明(随時)
往復航空便の予約表(国で異なる)

- The necessary documents -

必要な書類について(短期商用)

配偶者や親など、血族、姻族(3親等内)を日本に呼ぶことができます。

①招へい人が用意する書類
招へい理由書
招へい経緯書
在留活動を明らかにする次のいずれかの資料
・会社間の取引契約書
・会議資料
・取引品資料等 ・これらに準じる文書 滞在予定表
申請人名簿(2名以上の申請人が同時にビザ申請を行う場合のみ)
法人登記簿謄本又は会社/団体概要説明書(株式上場企業や公的団体以外は必ず必要)
補足説明書(随時)
参考資料(随時)

②身元保証人が用意する書類
身元保証書
補足説明書(随時)

③申請人が用意する書類
パスポート
ビザ申請書
写真
在職証明書
所属先からの出張命令書
派遣状
往復航空便の予約表(国で異なる)

- About mail -

郵送について(EMS)

日本で用意した書類は全て海外の申請人の元に郵送します。
公的書類や原本があるのでデータ送付ではダメです。海外への郵送方法はいろいろありますが、経験上EMSを利用される方が多いです。
※ 申請人の国や地域によってはEMSの取り扱いがない場合があるので事前に確認が必要です。
※ 郵送の追跡ができるがどうかも事前に確認しておきましょう。

- Our advice -

短期滞在ビザの専門家アドバイス

国籍別の詳細な必要書類を知るためには、在外公館のホームページと外務省のホームページを確認する必要があります。しかし、掲載されている情報は一般的な書類であり、他に必要となる書類や絶対ではないが提出した方がいい書類、書類の書き方や別途作成した方がいい書類など知ることは難しいです。
在外公館一覧
外務省

- Understand in the table -

必要書類を表で理解する

短期滞在ビザの必要書類について調べたけど文章で理解するのが大変だというお声に応えるため、必要書類の概要を表でまとめてみました。
私たち専門家(行政書士)にご依頼いただければ、短期滞在ビザ申請のご説明もさせていただきます。

必要書類の基本情報 目安
種類① 知人訪問・観光
種類② 親族訪問
種類③ 短期商用
書類を用意する人 申請人・招へい人・身元保証人
海外に郵送 EMS
用意する書類 申請者それぞれで異なる
- Question and Answer -

Q&A

Q:取得した住民票などの有効期限はありますか?
A:有効期限はあります。3ヶ月以内に取得した書類を提出する必要があります。

Q:外務省が求めている必要書類以外にどのような書類を提出するといいですか?
A:申請人・招へい人・身元保証人の状況に応じて適宜用意するものなので一概にこれという回答はできません。

Q:必要書類を全て用意できない場合はどうしたらいいですか?
A:用意できない理由を説明する文章を作りましょう。理由によっては用意できなくても許可になる可能性も十分あります。

Q:申請後に追加で書類を求められることはありますか?
A:大使館・総領事館から求められるケースもあります。しかし、追加書類を求められずに不許可になる方もいます。不許可理由は教えてもらえないのがほとんどです。

Q:とりあえず申請してダメだったらもう一回申請するのはダメですか?
A:短期滞在ビザ申請は不許可になると同一理由での申請が6ヶ月間できません。必要書類をしっかり用意して申請するものであり、とりあえず申請は止めましょう。