- Marriage visa while living abroad -

夫婦共に海外在住で日本の配偶者ビザを取得する方法!東京 大阪のビザ申請プロ

海外在住の日本人の配偶者等ビザ
- Contents -

目次

- Returning to Japan with the couple -

夫婦一緒に日本へ帰国する

海外で暮らしているご夫婦が、これから日本で暮らすことになった場合、日本の配偶者ビザを取得する必要があります。(正式な手続き名:日本人の配偶者等在留資格認定証明書交付申請)
夫婦共に海外在住しながら配偶者ビザ申請を行い、ビザを取得してから夫婦一緒に日本へ帰国する方法はあります。つまり、ご夫婦が日本に帰国せず配偶者ビザの手続きが可能ということです。
もちろん、日本人が先に日本へ帰国してから配偶者ビザ申請を行い、配偶者ビザの許可が出た後に外国人の夫(妻)が日本に来ることも可能です。

- Let's know the flow -

まずは手続きの流れを知ろう

申請代理人(日本の親族)が日本の出入国在留管理局で「日本人の配偶者等在留資格認定証明書交付申請」を行い、無事に許可になると「認定証明書」が出入国在留管理局から申請代理人の元に郵送で届きます。
その後、申請代理人が「認定証明書」を海外で暮らすご夫婦に郵送で送り、海外にある日本大使館または総領事館に「認定証明書」を持参しご夫婦(正確には外国人配偶者)が手続きをする流れです。
※ 申請代理人には、日本で暮らす親がなることが多いです。

- Should be careful -

夫婦共に海外在住の場合はここを注意するべき

夫婦共に海外にいるため、海外と日本の時差などで連絡がスムーズに取れないことによるストレスや、基本的にメールやSNSで連絡を取る場合が多く意思疎通がスムーズにいかない場合があることは注意しておくべきポイントです。また、サイン(署名)がいる書類が複数枚あるので郵送するタイミングを間違えると、何度も日本と海外の郵送を繰り返すことにもなります。私たちは、夫婦共に海外在住しながら配偶者ビザの許可を取得した実績が多数あるので、できる限りスムーズにいくようサポートさせていただきます。

- Relatives living in Japan -

協力してもらう日本の親族について

夫婦共に海外在住の場合は日本在住の親族の協力が必要です。その親族が申請代理人となりビザ申請を行うことになります。
しかし、ここで注意しなければならない点は「申請代理人になれる親族の範囲」です。入管法では「本邦に居住する本人の親族」と規定されており、民法で親族とは「6親等内の血族、配偶者、3親等内の姻族」と規定されています。
申請代理人に該当する人がいなければ、日本人の配偶者が日本に帰国し居住してからビザ申請をするか、海外の日本大使館等でビザ申請をするかになります。

- Both marriage certificate -

夫婦それぞれの国の結婚証明書が必要

日本人の結婚証明書は「戸籍謄本」になります。戸籍謄本に「婚姻」の記載があるかどうか確認しましょう。
次に、外国人配偶者の結婚証明書は、その外国人の国籍によって異なります。本国の結婚証明書で間違いないか内容も含め確認しましょう。
※ 当然に夫婦両国の結婚証明書が必要ですが、外国人配偶者の結婚証明書が取得できない場合でも許可が出る可能性もあります。

- About schedule -

スケージュールは余裕を持って

夫婦共に海外で暮らしながら配偶者ビザ申請をする場合、スケジュールはかなり余裕を持って手続きを進めてください。夫婦両国(本国)で婚姻手続きが完了しており、両国の結婚証明書がすぐにでも用意できる状況であとは配偶者ビザ申請のみという場合でも、夫婦が来日できるまで6ヶ月~8ヶ月はみておく方がいいです。上記で述べた通り、海外と日本では時差の問題や意思疎通に思った以上に時間がかかるケースがあり、ご夫婦の状況や申請書に書く内容、用意する書類の準備などに問題があったり、申請後に出入国在留管理局から追加書類の指示がきて用意する時間など、予期せぬ問題はたくさん出てきます。
※ 「認定証明書」の有効期間は3ヶ月あります。(コロナ禍では有効期間が6ヶ月)

- Married in a third country -

第三国で結婚したご夫婦は必見

「第三国」つまり夫婦それぞれの本国以外で結婚している場合は落とし穴があります。日本で婚姻手続きは済んでいますか? 外国人配偶者の本国で婚姻手続きは済んでいますか?
第三国で結婚して第三国で婚姻手続きを行っているため第三国発行の結婚証明書は持っているが、夫婦両国の結婚証明書は持っていないというケースです。これでは配偶者ビザ申請はできません。第三国の結婚証明書は何の意味もないので気をつけましょう。

- The necessary documents -

必要な書類について

配偶者ビザ申請に必要な書類は、①ご夫婦が用意する書類、②役所で用意する書類、③会社で用意する書類、④身元保証人が用意する書類、⑤日本で暮らす親などの代理申請人が用意する書類になります。
ただし、書類を用意しただけでは、なかなか許可にならないのが現状です。ご夫婦の状況に合わせて用意する書類や作成する書類が異なるケースも多々ありますので、是非私たち専門家にご依頼いただければと思います。

- Our advice -

配偶者ビザの専門家アドバイス

夫婦共に海外在住しながらの配偶者ビザ申請についての大事なアドバイスは4つあります。

一つ目は、夫婦両方の本国で婚姻手続きが完了していることです。
第三国の結婚証明書は意味がないため、外国人配偶者の本国と日本の両方の国で婚姻手続きが完了し、両方の国の結婚証明書を用意してください。これは時間がかかるので一番最初に行ってください。

二つ目は、夫婦が日本で安定して暮らしていける旨を書面で説明することです。
夫婦が海外から日本に移住するため「日本で暮らすお金はどうしていく予定ですか?」「どこに住む予定ですか?」など、夫婦が日本で安定して暮らすことが出来るかどうかを書面で説明しなければなりません。夫婦共に仕事を辞めて日本に来るケースも多いため、ここは押さえておくべき点です。

三つ目は、余裕のあるスケジュールで手続きを進めることです。
夫婦共に海外で暮らしている場合、上記でご説明した通り時間がかかるケースが多いため余裕のあるスケジュールを組みましょう。

四つ目は、日本で暮らしている親族が協力してくれることです。
日本で暮らしている親族に配偶者ビザの申請を代理してもらう必要があります。この申請代理人が身元保証人になるケースが多いです。

- Understand in the table -

配偶者ビザの概要を表で理解する

夫婦共に海外在住しながら配偶者ビザ申請する方法について調べたけど文章で理解するのが大変だというお声に応えるため、配偶者ビザの概要を表でまとめてみました。
私たち専門家(行政書士)にご依頼いただければ、配偶者ビザ申請のご説明もさせていただきます。

配偶者ビザの基本情報 目安
申請書類 30枚~50枚ほど
申請先 住所管轄の出入国在留管理局
審査期間 1ヶ月~3ヶ月ほど
就労制限 自由に働ける
種類 認定証明書交付申請
在留資格 日本人の配偶者等
在留期間 5年、3年、1年又は6月
重要書類 夫婦両国の結婚証明書
特徴① 日本で暮らす親族の協力
特徴② 日本と海外の書類郵送
特徴③ 申請代理人
特徴④ 普通より時間がかかる
特徴⑤ 夫婦共に海外在住
不許可要因① 偽装結婚の疑い
不許可要因② 安定した暮らしの疑い
不許可要因③ 事実と異なる内容
- Question and Answer -

Q&A

Q:日本人妻と中国人夫の夫婦が現在カナダで暮らしています。配偶者ビザ申請はできますか?
A:もちろんできる可能性は十分あります。中国の結婚公証書と日本の戸籍謄本が必要になります。カナダの結婚証明書は意味がないので気を付けてください。あとは日本で暮らしている親族の協力があれはサポートすることが可能です。

Q:夫婦(日本人夫とベトナム人妻)一緒にベトナムで暮らしており、出産を機に家族一緒に日本へ移住する方法は?
A:奥様の配偶者ビザ(日本人の配偶者等在留資格)を取得できればご家族一緒に日本で暮らすことができます。日本で暮らしている親族の協力を得て配偶者ビザ申請を進めることができます。

Q:日本人の妻の母(日本在住)が申請代理人になることはできますか?
A:お母様は3親等内の姻族になるので申請代理人になることができます。私たちの経験上、ご両親のどちらかが代理申請人になることが一番多いです。

Q:配偶者ビザ申請後の追加資料の対応方法は?
A:配偶者ビザの審査中、審査に必要な書類や内容が足りない場合、出入国在留管理局から「資料提出通知書」という書類が申請代理人の住所に封筒で届きます。書類のデータを夫婦に送り適切な書類を提出する必要があります。場合によっては海外に作成した書類を郵送し、夫婦のサイン(署名)が必要になるケースもあります。

Q:認定証明書が届きましたが、この後どうすればよいですか?
A:届いた認定証明書を海外で暮らす夫婦にEMSなどの国際郵便で送ってください。夫婦の元に届いた後、夫婦が暮らしている最寄りの日本大使館・総領事館に持参してビザ申請人(外国人配偶者)がビザ申請を行います。