- Short term stay visa -

日本に呼ぶ短期滞在ビザ申請について

外国人を日本に呼んで短期間日本で一緒に過ごすためには、短期滞在ビザが必要になります。
招へい人・身元保証人が日本で書類を用意した後に、海外の申請者に書類を全て郵送し日本大使館または領事館でビザ申請をすることになります。審査期間は約1週間から2週間です。
日本に呼ぶ目的は、観光、友人知人訪問、親族訪問、商用、文化活動、病気の治療などの医療目的、出産後の子育ての手伝いなど日本に招へいする目的は様々です。
ビザ申請中に審査官から面接を受けることもあるので、面接の準備もしておきましょう。

短期滞在ビザ
- Contents -

目次

- About Short term stay visa -

短期滞在ビザとは

短期滞在ビザとは、海外で暮らす外国人を短期間日本に呼ぶために必要となるビザです。
短期滞在ビザには「15日」「30日」「90日」の3種類があり、ご希望の日本滞在日数で区分されます。
また、短期滞在ビザには「シングル」「ダブル」「マルチ」といった種類もあります。
申請場所は、外国にある日本大使館または領事館で短期滞在ビザの申請を行う必要があります。
注意点として、申請して不許可になると同一内容での申請は6ヶ月間できません。
一般的には観光ビザ短期ビザ招へいビザと呼ばれています。

- The characters -

申請人・招へい人・身元保証人について

3役の登場人物を知りましょう。
日本に来るフィリピン人が「申請人」、そのフィリピン人を日本に招へいする日本滞在者が「招へい人」、そのフィリピン人が日本滞在中に身元保証をする日本滞在者が「身元保証人」となります。
なお、要件をクリアすれば招へい人と身元保証人は同一人物でも構いません。日本で仕事をして暮らしている日本人やフィリピン人が招へい人・身元保証人になるケースがほとんどです。

- Non permission -

不許可情報

①申請人であるフィリピン人の過去に法違反などの問題がある。
②日本に来て不法就労や不法滞在の恐れがある。
③招へい人と申請人の関係証明が不十分。
④身元保証人に問題がある。
⑤取得した書類や作成した書類に問題がある。
⑥面接で申請人が申請書一式の内容を把握していない。
⑦滞在予定表に問題がある。
⑧補足説明書などを作成して書面で伝えた方がいい内容を伝えていない。
⑨そもそも事実と異なる嘘をついている。

- Visa exemption -

ビザ免除措置について

日本では、70の国と地域の外国人に対し短期滞在ビザを取得することなく日本への入国を認める措置を実施しています。
しかし、免除措置の対象となっていない国と地域の外国人を日本に呼ぶためには短期滞在ビザを取得する必要があります。
※新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、査証免除措置が一時的に停止されている国もありますのでご注意ください。

- Invite lovers and friends -

恋人や友人を日本へ呼ぶ場合

恋人や友人を日本に呼ぶためには、申請人のパスポート情報や招へい人の所得や納税・住民票などの個人情報が必要になります。
日本で暮らしている日本人(又は外国人)が「招へい人」と「身元保証人」になり、日本に来る外国人が「申請人」となります。
※ 恋人や友人と分かる写真やSNSのやり取りを提出すると関係を証明し易いでしょう。

- Invite family -

家族を日本へ呼ぶ場合

家族や親族を日本に呼ぶためにも短期滞在ビザ申請が必要になります。
日本を観光させてあげたい、出産したので赤ちゃんのお世話を手伝ってほしいなど、いろいろな理由で呼ぶことができます。
親族関係が分かる「出生証明書」や「親子関係が分かる書類」などが必要になります。

- Invite business partners and employees -

取引先や従業員を日本へ呼ぶ場合

これは商用目的(ビジネス目的)で短期間だけ日本に呼びたいという方向けです。
短期滞在ビザでは、収入を伴う事業を運営する活動又は報酬を受ける活動は認められないことになっています。ですが、文化交流、自治体交流、スポーツ交流及び商用目的の業務連絡、会議、商談、契約調印、アフターサービス、宣伝、市場調査などの目的であれば短期滞在ビザで呼べることになっています。
私たちは様々な方法でのサポート実績がありますので是非ともご依頼いただければと思います。

- Visa renewal and visa change application -

短期滞在ビザの更新や変更手続き

短期滞在ビザの更新は原則できません。しかし、特別な事情があれば更新できる可能性があります。
短期滞在ビザの変更も原則できません。しかし、これも特別な事情があれば変更できる可能性があります。例えば、短期滞在ビザで来日中に婚姻手続きを行い、そのまま配偶者ビザ(日本人の配偶者等ビザ)申請を行う場合です。

- The necessary documents -

必要な書類について

短期滞在ビザ申請に必要な書類は、①招へい人が用意する書類、②身元保証人が用意する書類、③海外の外国人(申請人)が用意する書類の3種類が必要になります。
ただし、最低限の書類を用意するだけでなくお客様の事情や状況に応じて用意する書類や作成する書類が異なるケースも多々ありますので、ご自身で申請するのか専門家に依頼するのか十分検討したうえで判断しましょう。

- Our advice -

短期滞在ビザの専門家アドバイス

私たちからの短期滞在ビザについての大事なアドバイスは3つあります。

一つ目は、招へい人・身元保証人と申請人の関係を書面で説明することです。
友人関係なら一緒に写っている写真やSNSのメッセージのやり取りが一般的です。親族関係なら日本でいう戸籍謄本のような親族関係が分かる資料を添付します。
その他、ネット上で出会い一度も直接会ったことがない場合は、お二人の関係を証明することが困難なため他の書類で関係を証明していくことになります。

二つ目は、申請人が問題なく日本から帰国できる旨を書面で説明することです。
日本国(審査官)は、外国人が短期滞在ビザで来日して、帰国せずにそのまま日本で不法滞在・不法就労にならないかと懸念して審査しています。
そのため、帰国する飛行機のチケットを求められることも少なくありません。また、滞在予定表も適当に作成してしまうと信憑性に欠けると判断される可能性もあります。

三つ目は、日本でお金稼いだらダメです。
短期滞在ビザで来日した外国人は、収入を伴う事業を運営する活動又は報酬を受ける活動ができません。

そして、意外とお客様がミスする点は、申請書類が多いからと言って大雑把に書類を用意してしまうことや、うろ覚えで適当な内容を記載してしまうこと、つまり気づかないうちに事実と異なる書類を提出しているという点です。
そして、招へい人・身元保証人が作成した申請書類の内容は申請者も理解していることが当然であり、面接で申請者が異なる内容を審査官に伝えると当然疑われることになります。

上記の点に注意して、短期滞在ビザの書類を作成するようにしましょう。

- Understand in the table -

短期滞在ビザの概要を表で理解する

短期滞在ビザ申請について調べたけど文章で理解するのが大変だというお声に応えるため、短期滞在ビザの概要を表でまとめてみました。
私たち専門家(行政書士)にご依頼いただければ、短期滞在ビザ申請のご説明もさせていただきます。

短期滞在ビザの基本情報 目安
申請書類 10枚~30枚ほど
申請先 外国にある日本大使館または領事館
審査期間 1週間~2週間
日本での就労 不可
種類 シングル、ダブル、マルチ
在留資格 短期滞在
在留期間 15日、30日、90日
特徴 ビザ免除国がある
登場人物 申請人・招へい人・身元保証人
ビザ更新・変更 原則できない
重要① 日本人と外国人の関係性を証明する資料
重要② 帰国する旨の資料
不許可要因① 過去の犯罪歴
不許可要因② 資力不足
不許可要因③ 事実と異なる内容
不許可要因④ 面接で疑われた
不許可要因⑤ 報酬を伴う活動をする
- Question and Answer -

Q&A

Q:申請書・質問書の書き方で分からない箇所はどうしたらいいですか?
A:分からない箇所を適当に書くことは絶対にやめましょう。まずは専門家や大使館に相談し、書き方を調べることです。場合によっては、補足説明書などで丁寧に説明が必要な場合もあります。

Q:招待の経緯を口頭で審査官に説明することはできますか?
A:口頭で説明することは基本的に無理だと思っている方がいいです。ビザ申請は書面審査となるので書面できちんと説明しましょう。

Q:海外にいる外国人を呼んで日本で一緒に過ごすために何から始めたらいいですか?
A:まずは来日時期を決めましょう。その後に短期滞在ビザの申請準備に入るので、ご自身でやるか専門家に依頼するか決めましょう。

Q:短期滞在ビザ申請後の面接って何ですか?
A:短期滞在ビザの審査中、審査を行っている大使館から面接を求められることがあります。面接は必ずあるわけではありませんが、求められた場合は提出した書類に記載された内容と矛盾がないかどうかを確認されます。

Q:短期滞在ビザ申請で不許可になることがありますか?
A:もちろんあります。短期滞在ビザ申請は必ずしも許可になるとは限りません。