- Age gap in Marriage visa -

年齢差が大きい配偶者ビザ申請なら!東京 大阪のビザ申請プロ

年齢差が大きい配偶者ビザ申請なら
- Contents -

目次

- Problems with age gap -

配偶者ビザ申請で15歳以上の年齢差は要注意

年齢差が大きいと偽装結婚を疑われる

15歳以上の年齢差がある場合は、配偶者ビザ申請で偽装結婚を疑われる可能性が高いです。特に外国人女性が20代の場合は、労働目的・金銭目的での偽装結婚を疑われるため審査が厳しくなりがちです。年齢差がある場合は、通常の配偶者ビザ申請よりも念入りに準備した書類を提出しましょう。

日本人が男性の場合・女性の場合

私たちの経験上、日本人男性と東南アジア人女性の年齢差があるご夫婦の場合は特に注意が必要です。日本人が女性の場合は、そこまで年齢差を心配しなくても大丈夫です。

実は日本で働くのが目的?

日本で働くために、日本人を騙して結婚する外国人もいます。中には、夫婦ともに偽装結婚と分かりつつ、ビザ申請をするケースもあります。年齢差があるとこの点を踏まえさらに厳しく審査されます。

実はお金のために結婚?

仲介業者が外国人から報酬をもらい、日本人に偽装結婚を依頼するケースもあります。年齢差があるとこの点を踏まえさらに厳しく審査されます。

- How to improve the age gap -

年齢差が大きい場合はこのポイントを抑えよう!

出会い方

紹介者がいる場合は、要注意なので紹介者とご夫婦の関係性をしっかり証明しましょう。インターネットを通して出会った場合は、一番最初のやり取りから現在までの連絡記録を保存しておきましょう。

出会いから交際・結婚までの経緯

年齢差がある場合は、どのように出会ったか交際期間の過ごし方や思い出、そして結婚に至るまでのエピソードや写真を記録しておきましょう。

連絡方法・頻度

連絡方法は、電話やメール・SNSのどれでも結構ですが、きちんと履歴が分かるようにしておきましょう。連絡頻度は毎日が理想です。

お互いの家族への挨拶

年齢差がある場合、お互いの家族へ結婚相手を紹介していること、直接会っていることが分かる資料を用意しておきましょう。